プラグイン/ツール ブログ ブログ ノウハウ

WordPressの目次の入れ方を解説~目次の必要性は何?~

blog-contents

他のサイトの記事を見ていると、多くのサイトで目次が入っていますが
WordPressの初期状態で記事を書いただけでは、目次は入っていません

そこで、Wordpressの記事内に目次をいれる理由・方法を説明していきます

記事に目次は必要⁉メリット/デメリットを考えよう

目次のメリット/デメリットを抑えておくことで、自サイトに目次が必要なのかを考えてから導入するのがオススメです。その為本章では、目次の必要性を考えていきます

【目次のメリット】

  • 記事の構成が一発でわかるようになる
  • 文字数の多い記事で、すぐに見たい部分を見れる

【目次のデメリット】

  • 分量の少ない記事だと邪魔
  • 目次が不要な記事である

上記の内容を詳しく紹介していきます

目次のメリット

【記事の構成が一発でわかるようになる】

記事の構成がすぐにわかることで、どこに何が書いてあるのかわかります

  • 読者が、記事の大まかな概要を確認できるようになる
  • 自身が、記事を見直す(リライト)際の参考になる
    →見出しはSEOに与える影響がある為、検索上位への一歩になるかも⁉

文字数の多い記事で、すぐに見たい部分を見れる

文字数が多い記事の場合、見たい部分まで行く際の手助けになります

その結果、読者への配慮にも繋がり再訪問の可能性が上がるかもしれません

目次のデメリット

【文字数が少ない記事だと邪魔に感じる】

少ない分量の記事の場合、スラスラと読めるため必要がない場合があります

目次が不要な場合がある】

目次がそもそも不要な記事を書いている場合に、無理に目次をいれる為のプラグインを導入することはサイトの表示速度を下げたりする原因にもなります

日記などを書いている場合は、正直目次は不要ですので
自身のサイトに合わせて目次導入を考えることがオススメです

記事に目次をいれるオススメのプラグイン~第2選~

目次をいれたいと思った場合は、下記のプラグインがオススメです

  1. 『Table of Contents Plus』
    →シンプルなデザインでOK!という方にオススメ
  2. 『Rich Table of Contents 』
    →デザイン重視の方や「JIN」ユーザーにオススメ

それでは、実際に使い方を紹介していきます

①Table of Contents Plusで目次を作る方法

TORC

『Table of Contents Plus』はWordpressで目次を作る際に人気のプラグインです

  1. プラグイン→インストール→有効化
  2. 設定→TOC+で基本設定を行う

行っておきたい基本設定 

  • 配置位置
  • 表示条件(見出しが~以上の際に目次を作る)
  • コンテンツタイプ
    →「post」;投稿記事に目次を設置 「page」;固定ページに目次を設置
  • 見出しレベル(目次を作る見出しを設定)
    →上級者向け(hide)を開くとあります

記事の好きな場所に目次をいれる方法

目次を自分好みの場所にいれたい場合、下のショートコードを記載します

[toc]

②Rich Table of Contentsで目次を作る方法

RTOC

『Rich Table of Contents』は国産の目次作成プラグインで、デザイン性が高いのがポイント

テーマ『JIN』開発者の方もオススメしているプラグインですが、JIN以外でも使用可能

  1. プラグイン→インストール→有効化
  2. ダッシュボード→RTOCで基本設定を行う

ROTCの設定画面は、日本語でわかりやすく説明されているので
好きなデザインで自由に設定するだけ!

まとめ

今回は、目次の必要/不要について紹介してきました

ブログの目次のメリット/デメリット

【目次のメリット】

  • 記事の構成が一発でわかるようになる
  • 文字数の多い記事で、すぐに見たい部分を見れる

【目次のデメリット】

  • 分量の少ない記事だと邪魔
  • 目次が不要な記事である(日記など)

以上のことを踏まえて、自分に合ったブログサイトを作る参考にしてください!

-プラグイン/ツール, ブログ, ブログ ノウハウ